イデア詳細 Edit

画像プロフィール
04000070_cg_00.jpg名前絶対審判
アリスファスルウ
レアリティ★5
タイプ狂乱
ロールヒーラー
SDキャラ
絶対審判_sd.png
イデアプロフィール
正しさの追求をするがあまり、情をなくしてしまったイデア
それが娘であろうと、彼女の審判は決して揺るぐ事はなかった。

「それが正しくない事ならば、私は必ず罰を与えます。
そう、それが私の娘であろうと例外ではないわ」
入手方法
召喚
イデアステータス(Lv1/Lv100)
戦闘力
/34715
HP攻撃力防御力精神力素早さ
1750/58331787/59591127/37592430/81022898/4830
回避率CR率CR効果GD率GD効果
6.3/21.24.2/14.25.3/17.72.1/7.15.3/17.7
スキル(Lv1/Lv10)
名称+MP消費MPCT習得Lv効果
聖母の務め5560901味方4体のHPを12%回復させ、防御力を55%アップ。効果は対象が2回行動するまで継続する。/味方4体のHPを30%回復させ、防御力を100%アップ。効果は対象が2回行動するまで継続する。
セイクリットドレイン58709050敵5体に155%ダメージを与え、味方5体のHPを12%回復。/敵5体に200%ダメージを与え、味方5体のHPを30%回復。
アビリティ(Lv1/Lv10)
名称+MP消費MPCT習得Lv効果
無慈悲な断罪---15WAVE開始時、100%の確率で味方3体の防御力を32%アップ。効果は対象が3回行動するまで継続する。/WAVE開始時、100%の確率で味方3体の防御力を50%アップ。効果は対象が3回行動するまで継続する。
天罰---30ダメージを受けた際、30%の確率で敵の攻撃を反射する。/ダメージを受けた際、30%の確率で敵の攻撃を反射する。

公式ツイッターの紹介 Edit

ボイス Edit

+ クリックでセリフ一覧を開く

ゲームにおいて Edit

ミア・禁忌の扉は、元ネタが同じ話の主人公の少女であり関係が深いキャラである。

小ネタ Edit

元ネタは、グリム童話『マリアの子ども』に登場する聖母マリア。

貧しい家庭に生まれた少女は、3歳で聖母マリアに引き取られて天国で幸せに過ごす。
少女が14歳のときマリアは長い旅に出るので天国の13の扉の鍵束を預けた。
その際、他の扉は開けてもよいが13番目の扉だけは絶対に開けないように念を押していった。
しかし、少女は、天使の制止を聞かず好奇心から13番目の扉を開けてしまう。
帰ってきたマリアは問う。言いつけ通り禁忌の扉を開けてないね?と
マリアは痕跡から少女が開けたことをわかっており何度も聞き直した。
しかし、少女はその度に「開けてはいない」と答えた。
マリアは、約束を守らなかっただけではなく嘘をついた者は天国にいる資格はないと
少女を口を利けなくして下界に落とした。
悲しみに暮れながら過ごしていた少女は偶然、王子の目に止まり結婚する。
やがて、お后は、子どもを授かるがその晩にマリアが姿を現し再び問う。
正直に白状すれば声を元に戻すと。彼女は答えた。「扉は開けていない」と。
罰としてマリアは、子どもを天国に連れ去ってしまう。
次の日、突然、子どもが居なくなったため家来達はお后が食べてしまったと噂するが王子はそれに耳を傾けない。
次の年も同じように子どもを産むが現れたマリアに同じ答えをし、また子どもを連れ去られた。
次の年もお后は、子どもを生んだ。
マリアは、彼女を天国に連れていき楽しそうに遊ぶ連れ去った子ども達を見せた。そして、問う。
白状すれば子ども達を返すと。それでも、彼女の答えは変わらない。
そして、また子どもを連れ去られてしまった。
ついに3回目ともなるとお后の子ども食いの噂は王子も庇いきれなくなる。
お后は、火あぶりの刑に処せられた。
張り付けられた彼女の周りを炎が包み始めると剛情さが消え
せめて死ぬ前に扉を開けたことを白状したいと願った。
すると、突然、口が利けるようになりお后は大声で叫ぶ。
「マリア様。私が扉を開けました」
そのとき、雨が炎を消し子ども達を抱えたマリアが現れ告げる。
「罪を悔いて懺悔するものは赦される」
マリア様は、子ども達と声を彼女に返して一生の幸せを授けた。

コメントフォーム Edit


コメントはありません。 コメント/★5/絶対審判?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-23 (水) 19:17:54